INTERVIEW

入社4年目 新卒入社清水 駿介営業職

営業とはいえ、パッケージデザインも
考えたりします。

業務内容を教えてください

営業職と言うことで、主に東京・長野・山梨エリアを中心に食品卸様、作業用品の卸問屋様、ドラッグストア様など商品の売り込みや提案を行っています。月に半分くらいは出張での業務になり、1日3〜5件のお客様のところに訪問をしております。最近では、ドラッグストア様専用の使い切り手袋など、プライベートブランド商品開発のご相談に対してもサポートさせていただいて、当社デザイナーと協力して、商品自体の開発だけでなく、パッケージなどのデザインに対してもアイデアを出し、お客様のご要望を形にしていく仕事もあります。

仕事でやりがいや心掛けていることはなんですか?

とにかく知識で他社メーカーやお客様に負けないようにすることです。年齢的にもお客様の方が年上であったり長くこの業界で経験されている方が多いので、そういったお客様にも手袋メーカーとして社会の動き・他社の情報など、お客様の知らない役に立つ情報を持っていけるように心掛けています。最近ではコロナ渦において、手袋などの価格高騰や供給不足などでお困りだったお客様に対して、今の市場の状況や川西工業ならではのメリットをプレゼンさせて頂き、他社から商品を切り替えていただくことに成功しました。その時は流石に「よし!」とガッツポーズでした(笑)

川西工業を知った・決めたきっかけはなんですか?

私は新卒での採用だったのですが、ちょうど川西工業を受けるという友人からの紹介で応募するというちょっと変わったきっかけでした。会社説明会に参加し、数回の訪問の後、筆記試験・面接・社長の最終面接と続いていきました。実際、複数の会社に応募していただのですが、説明会や面接のなかで、営業という職種の魅力だけでなく、幅広いエリアのお客様に対して、幅広いサポートや提案ができるというワクワク感に魅力を感じました。

最後にこのサイトを見ている方にメッセージを

商品の開発や提案など、営業以外の業務に関しても積極的に参加できる会社です。また、「平社員の会」という入社5年目くらいまでの仲間でご飯会なども行っていますので、一緒に仕事のことなどいっぱい語り合いましょう!

ENTRY

人生には必ず終わりがある。誰もが限りあるいのちを生きている。では すこし考えてみてほしい。その有限のいのちを何のために使うのか。日々日常のなかにある 世の中